header-img

AIアプリケーションで
事業を加速する。

無料資料請求 お問い合わせ

すべての中小企業に
AI開発の機会を。

message

AIによって効率化・問題解決された
未来を
体感してみませんか?

AIに関する知識、エンジニアが社内に居なくても大丈夫です。
てつまぐは、AI導入にどんな準備が必要なのか?と
不安を抱える方々のために、初見の方でも安心して運用までしていけるよう
専門のスタッフがヒアリング、調査をして最適なプランをご提案いたします。

logo-hexagon

presented by 糸井商会

service

てつまぐが提供している

3つのAIアプリケーション

Image 1 Image 2 Image 3

物体検知AI

人が捉えられないミスや危険を
未然に防ぐ

物体検知AIは使用出来る事例が分かりやすいAIです。 例えば交差点での交通違反や事故の検知をしたり 小売業や製造業では、人の目では分かりにくいような 製品の欠陥や在庫数を数えて管理するなど、 あらゆる業界で効率化や安全性の向上に役立ちます。

Excelデータ活用AI

分析のプロが1人いるだけで、
数字が10倍にも100倍にも

Excelデータ活用AIは企業の経営面では財務データや売上データの分析を支援することでよりムダのない経費管理や決済のサポートを行うことが出来ます。 プロジェクト管理では進捗やリソースの最適化に役立つ上、販売やマーケティングでは顧客の行動予測などを行える為、 よりターゲットに効果的な広告やキャンペーンの最適化にも役立ちます。 データをまとめて効率的な意思決定、業務プロセスの最適化を叶えるAIです。

LLM活用AI

文章データを最大限に活用し
技能ギャップの解消を

LLM(Large Language Moodel)活用AIは言語処理に特化したAIです。 契約書の分析や法的文書の検索を効率化することで、難しい単語の羅列の中からでも必要な情報の取得、 解釈をサポートをすることが出来ます。また、目にする機会が多い活用方として、 カスタマーサポートの自動応答やテキストでのお問い合わせに対応可能で、人員コストの削減などに役立ちます。

price

ワンストップで
コンサルティングから
導入まで対応。

AIを導入するには
調査から開発、導入するまでに
数百万円の費用がかかるのが
当たり前だと思っていませんか?

てつまぐはAIアプリケーションを企業の様々な事業に合わせた形で導入していただけるように アプリケーションの料金の中にコンサルティング・サポートまで導入から運用まで含めて販売 しています。買って終わりではありません。AIアプリケーションは自社のデータを使ってどの ように活用していけるのか、その後の活用方ほうが肝心だからこそ、その活用方法までを購入 前にアドバイス、コンサルティングした上で購入後もサポートいたします。

すべて一律

50万円

てつまぐ

こんなお悩み
ある企業にオススメです

onayami-img1

ITベンダーに発注する
のは数百万円〜で
難しい

onayami-img2

自社で負担して
開発の部分にだけ
コストを掛けたい

onayami-img3

実際に導入した上での
削減コストが分からず
投資しにくい

onayami-allow

事前のお問い合わせで

すべて
説明し、解決します。

AI開発が進んで焦燥感のある世の中だけど、
少しでも多くの企業にAIの恩恵を受けてほしい。

company-img

company

会社概要

会社名 有限会社 糸井商会
代表者 糸井忠彦
所在地 本社 群馬県太田市内ケ島町1552-7
創業 1989年2月16日
事業内容 鉄筋工事一式
TEL 加工場(工事関係) 0495-33-7299
FAX 加工場 0495-33-3762

強い思いがあり、自社で開発したAI技術や活用のノウハウをてつまぐとして販売することを決意しました。 てつまぐを開発をした私たち糸井商会は建設業ですが、有難いことにこのてつまぐは宿泊業、小売業など幅広い業界で活用されています。 こんなことを叶えられますか?というご質問でも構いません。お気軽にお問い合わせ下さい。

国の様々な補助金
使えます。

IT導入補助金なら

50万円

実質

12.5万円

IT導入補助金とは?

中小企業・自営業の方々がECサイト制作やITツール導入にご活用いただける補助金です。弊社はIT導入支援事業者の資格を取得しているので、スムーズにお申込みいただけます。

補助額
補助率
上限350万円
~50万円以下 50万円以上〜(約1050万円)
3/4以内 2/3以内

てつまぐメディア

最新のトピックスやニュースを知ることができる建設情報メディア

新着記事

鉄筋ラックを補助金で購入することはできるのか? 2024/04/13 - 新型コロナウイルスのパンデミックが終息し、中堅・中小企業の成長を支援する投資補助金が大きな話題となっています。 これらの補助金は、特に大規模な投資(10億円以上)には利用される一方で、多くの中小企業はより小規模で活用しや …

鉄筋ラックを補助金で購入することはできるのか? もっと読む »

【Udemy割引クーポン】利用者様限定で91%オフのUdemyクーポンを配布します 2024/04/04 - いつも本サイトをご利用ありがとうございます! その感謝の気持ちを込めてUdemy教材割引クーポンを配布します。 AIを活用して企業のDXを推進したい AIを活用するための必要な知識を習得したい 実践的な事例を学びたい 本 …

【Udemy割引クーポン】利用者様限定で91%オフのUdemyクーポンを配布します もっと読む »

Python開発をシンプルに!Ryeで環境構築を一発解決 2024/03/29 - Pythonの開発環境を構築する際、pythonのバージョン管理、仮想環境の構築、pythonのバージョンに合ったライブラリをpipインストール、と設定が煩雑になりがちです。 Ryeを使えばこれらの3つの設定が一発ででき …

Python開発をシンプルに!Ryeで環境構築を一発解決 もっと読む »

【初学者の敵】シェルを理解して使いこなそう 2024/03/05 - 僕を含め、初学者はシェルが苦手です。 あの黒い画面がどうしてもとっつきにくく、慣れるのに非常に時間がかかります。 この記事では、初学者にとって難解に感じることが多いシェルの基本知識と、より便利に使うためのテクニック(サジ …

【初学者の敵】シェルを理解して使いこなそう もっと読む »

【低価格】屋外用鉄筋カメラスタンドを紹介 2024/03/05 - 屋外での物体検知PoC(Proof of Concept)は技術の有効性を検証する上で不可欠なステップですが、様々な環境要因により予想外の障害に直面することがあります。 カメラの設置は特に、風や重量への耐性など、多くの要 …

【低価格】屋外用鉄筋カメラスタンドを紹介 もっと読む »

USBが反応しない!WSL使用時の注意点 2024/03/03 - この記事では、Windows Subsystem for Linux(WSL)を使用してUSBカメラを接続する際に直面する問題と、その原因について詳しく説明します。 【外資エンジニアから学ぶ】zsh sheldon設定方 …

USBが反応しない!WSL使用時の注意点 もっと読む »

人気の記事

スラブの基本知識と配筋方法について 2022年1月31日 -

スラブは構造体の重要構造部材です。 この記事では、まずスラブの基礎的な知識を説明し、具体的なRC造のスラブの鉄筋工事について解説しています。 スラブとは?役割と特徴 まずはスラブの役割と特徴をおさえましょう。 スラブと床 …

スラブの基本知識と配筋方法について もっと読む »

スラブの基本知識と配筋方法について

梁のフカシについて 構造天端の理解、具体的な施工事例を紹介 2021年7月24日 -

建築の世界は誤差をミリ単位で管理しています。 図面がしっかり読めなければ(特に躯体業者の場合は)大きな問題に発展してしまいます。 コンクリートの打ち直しやそれにかかわる人工を負担しなければならないからです。 図面記号はし …

梁のフカシについて 構造天端の理解、具体的な施工事例を紹介 もっと読む »

梁のフカシについて 構造天端の理解、具体的な施工事例を紹介

梁の鉄筋の基本 配筋、拾い方、圧接の位置まで解説 2021年8月2日 -

梁は建物を建設するうえで非常に重要な構造部材のひとつです。 この記事では、S造やRC造の梁の鉄筋の基本を解説していきます。 梁の構造の基本 梁には構造上の違いからピン接合の梁と剛接合の梁があります。 ピン接合の梁で代表的 …

梁の鉄筋の基本 配筋、拾い方、圧接の位置まで解説 もっと読む »

梁の鉄筋の基本 配筋、拾い方、圧接の位置まで解説

テルツァーギの支持力公式の解説 地盤の支持力の計算方法 2021年7月19日 -

大型の建物の基礎構造は逆T字型のものが非常に多いです。 これには、地盤の支持力が大いに関係しています。 ゼネコンの設計部や設計事務所での知識であって、施工業者にはあまり関係のない話ですが、できるだけ分かりやすく解説します …

テルツァーギの支持力公式の解説 地盤の支持力の計算方法 もっと読む »

テルツァーギの支持力公式の解説 地盤の支持力の計算方法

【Python】カメラに映った画像をリアルタイムに物体検知する【OpenCV×YOLO】 2023年3月11日 -

人が行っている単純作業は物体検知AIで代用させることができます。 カメラとパソコンがあればあらゆる作業がAIに代用させることができるかもしれません。 リアルタイムに物体を検知するなんてとても難しいように思いますが、実は思 …

【Python】カメラに映った画像をリアルタイムに物体検知する【OpenCV×YOLO】 もっと読む »

【Python】カメラに映った画像をリアルタイムに物体検知する【OpenCV×YOLO】

【建築】カットオフについて【鉄筋工事】 2022年12月23日 -

鉄筋工事では定着長さや継手長さが主な検査基準ですが、カットオフの余長も重要な検査基準になることも多々あります。 この記事では、鉄筋工事のカットオフについて詳しく説明し、梁の主筋のカットオフについても具体的に説明していきま …

【建築】カットオフについて【鉄筋工事】 もっと読む »

【建築】カットオフについて【鉄筋工事】